事務局/〒736-0081 広島市安芸区船越5-15-21
E-mail:jimukyoku@chujinken.jp

大会長挨拶

この度、第31回中国腎不全研究会学術集会の大会長を仰せつかり、2022年12月18日(日)に、広島国際会議場にて開催させていただく運びとなりました。

新型コロナウイルス感染禍により不透明な状況となっておりますが、3年ぶりの通常開催を目指し、一方でWEBでの開催も視野に入れつつ準備を進めているところでございます。

本大会のテーマは、「腎不全医療の連携を深めよう!」とさせていただきました。現在、わが国のCKD患者は1,300万人余といわれております。かかりつけ医・腎臓専門医療機関等が連携し、慢性腎臓病患者を早期に適切な診療につなげることができる体制の構築は、保険診療の観点からも大きな課題です。腎不全医療にかかわるすべての職種の方々の発表を基に、検討・意見交換を行うことは非常に有意義であり、本会がその一助となれば幸いです。また本学会を通して多くの会員の方々と親睦を深めていただければと思います。

つきましては、多数の会員の皆様に日頃の研鑽の成果をご発表いただきたくお願い申し上げます。

参加者の皆様と活発な議論ができることを楽しみにしております。皆様の奮ってのご応募、ご参加を心よりお待ちしております。

第31回中国腎不全研究会学術集会 大会長
広島大学病院 腎臓内科
正木 崇生