Chugoku Society for Renal Failure

大会長挨拶

第28回中国腎不全研究会の開催にあたって

この度、第28回中国腎不全研究会は島根県が担当県で開催させていただくことになり、その大会長を仰せつかり、光栄に存じます。研究会の開催に際し、ご指導とご支援を賜ります皆様に厚く御礼申し上げます。
今回の第28回大会は、中国腎不全研究会が一般社団法人になって最初の学術集会です。そこで、大会スローガンは、『継往開来(けいおうかいらい)』とさせていただきました。聞きなれない四字熟語ではないかと思いますが、その意味は「先人の事業を受け継ぎ、発展させながら未来を切り開く」ということです。中国地方での腎不全医療の発展のために先人たちから受け継がれてきたこの中国腎不全研究会の新しいスタートに際して、今までの中国腎不全研究会のよき伝統をしっかりと受け継ぎ、それを発展させながら、中国地方の腎不全医療の未来を切り開いていく第一歩です。
今回の第28回大会では、さらなる発展のため数々の新しい試みを行います。島根県実行委員会のメンバーとともに鋭意準備を進めており、今から本番が待ち遠しいです。ぜひ、皆様には積極的にご参加いただき、活発なご討論をしていただいて、実りの多い研究会になりますよう、ご支援のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

第28回中国腎不全研究会学術集会 会長
島根大学医学部附属病院 腎臓内科
伊藤孝史