第27回 中国腎不全研究会学術集会


大会長挨拶

新緑が目に鮮やかとなる頃、皆様には御多忙な日々をお過ごしの事と思います。

2018年11月3日、4日に開催されます第27回中国腎不全研究会学術集会は、山口県が担当県
となり、私が大会長を努めさせて頂く事となりました。

昨今、透析医療を取り巻く環境は複雑化している中、今回、大会のテーマを求める上でポイン
トと考えた事は次の2点です。

   1.近年の腎不全・透析医療の発展とその有効活用

   2.超高齢化社会を迎えた日本に於ける腎不全・透析導入病態の変化と治療選択

低分子量〜中分子量に渡る透析効率改善、CKD-MBD治療の進歩や選択肢の拡充などの腎不全・ 透析医療の充実を年齢や患者状態、併存疾患なども考慮して個別に設定する必要に迫られてい ると考えます。そこには、高齢者医療としての透析管理とより自由度の高い生活を維持するべ く行なう管理があると考えます。

また、腎不全・透析導入病態の多様化は、原疾患や併存病態へのより積極的な管理を必要とし ています。その為には、看護師、臨床工学技士、薬剤師のみならず管理栄養士、理学療法士の専門性を生かした参加が不可欠と考えます。

中国5県の皆さんの参加を得て基礎的な部分を含めた腎不全・透析医療を共有する事を目指したいと思います。

本会が、新たな中国5県での透析医療交流の礎と成ります様、皆様の協力をお願い致します。 まずは、略儀ながら大会長の挨拶とさせて頂きます。


2018年5月吉日

第27回中国腎不全研究会学術集会 会長
済生会下関総合病院 腎臓内科・腎センター長
新田 豊



  • 会 期:2018年11月3日(土)、4日(日)
    ※ポスター掲示は、4日(日)8時15分より可能となる予定です。
  • 会 場:広島国際会議場
    〒730-0811 広島市中区中島町1-5(平和記念公園内) TEL082-242-7777
  • 内 容:血液透析・腹膜透析・腎移植・保存期腎不全など腎不全の病態と治療に関する全般
  • 参加費:医師6,000円、コメディカル2,000円、一般(企業に所属されている方など)6,000円
    ※参加費には昼食(お弁当)代が含まれます。
  • 演題応募方法:演題・抄録応募要項ページよりご応募下さい。
  • 演題応募期間:2018年06月01日(金)12時〜7月15日(日)21時
  • 企業の参加制限について:
    『第27回中国腎不全研究会学術集会』は、中国腎不全研究会と医療関連企業との共催で運営されております。従いまして、共催企業および出展企業/広告協賛企業以外の『医療用医薬品製造販売業』 『医療機器業』のご参加をお断りしております。ご了承下さい。
  • 本会は日本透析医学会専門医制度委員会が認める地方学術集会、日本腎不全看護学会のポイント承認地方会として設定されています。
    日本医師会生涯教育講座の申請予定です。
pagetop